あおりゅうスタイル

高校中退の元ニートで、モテない要素満載の僕が、モテるために実践していること

【注意】1回目のデートを成功させる方法とは?

「せっかく女の子と1回目のデート(初デート)。でも付き合うまでいかない」

「ただのいい人で終わってしまう」

そんな悩みはありませんか?

ただのいい人と、彼氏になれる人。その違いは一つしかないんです。

 

関連記事

 

目次

 

いい人は、どうでもいい人!「行為」と「好意」の決定的な違い

f:id:ryukouaoi:20170722145002j:plain

 

始めに言っておきたいことは、女の子にはハッキリ意思を示さないといけません。

1回目のデートから女の子として意識していることを、言葉で伝えるのです。

 

たとえば、男性目線でいえば、食事をご馳走したり映画に行ったりするだけで、好意を示していると思いがちですが、女の子はそうは思わないということです。

 

僕は実際に、こんなことがありました。気になっていた女性と二人っきりで食事・映画とデートを重ねていました。

僕としては「ここまでしてるんだし、好意は伝わっているだろう」と思っていました。そもそも「2人で会うことをオッケーしている時点で、脈ありでしょ?」くらいに思っていました。

 

そして、3度目のデートで告白しました。

結果は残念…。

 

あとあと彼女に聞いたら

「告白に驚いた。私のことをそんな風に思っていると思わなかった。友達として仲良くしてくれてると思った」

というのです。

 

ここで何がわかるのでしょうか。

僕が彼女にとって、どうでもいい人だったって?

イヤイヤ…そうじゃなくて…。まぁ、実際そうだったんだけどさ…(>_<)

  

女の子目線では、2人で食事に行くくらい友達の範囲で、仮におごったとしても「まぁ男性相手だし、そういうものでしょ」などと都合よく解釈されます。

さらに「告白に驚いた」ということは、僕の好意が相手にまったく伝わっていなかったことを意味しています。

 

この辺が難しい部分ですが、女の子としては

「好きだから君と食事に行きたかった」

「女性として興味があるから会いたいんだ」

ということを言葉で言わないと、男性の食事に誘うなどの「行為」を「好意」として受け止められないんです。

 

もちろん、女性側があなたのことを好きな場合、こうは思わないでしょう。

ですが、そんな都合の良い状況ばかりではありませんよね。

 

だからこそ「行為」で終わらせることなく、しっかりと「好意」を伝えることが非常に重要です。

 

ホメてホメてホメまくれ!

f:id:ryukouaoi:20170725013842j:plain

 

具体的に、どうすれば好意を伝えることができるのでしょうか。

答えは簡単。それは「ホメること」です。

 

たとえば  

「今日は来てくれないかと思ったよ。だってかわいいから相手に困らないでしょ」

「○○ちゃんって男友達は多いんじゃない?よく誘われるでしょ?」

「今日はゆっくり話せるね。ずっと前から2人になりたいと思ってたんだ」

などと言いましょう。

 

1回目のデートからホメることで、女性として興味があって会ったんだ、ということを示します。

こうすることで、目の前の女の子に「女の子として魅力があるよ」ということを伝えることになるんですね。

 

ですが悲しいかな、こういうことが苦手な男性も多いでしょう。

特に日本人は「男は黙っているもんだ」「言わなくてもわかるだろ」と思いがちです。

 

ここでハッキリしておきましょう。

言わなきゃわかりません。

言わないのは、思っていないのと同じです。

なぜなら、言わないと女の子に伝わらないのだから。

 

「いつも食事をご馳走してくれるいい人」で終わらないために、自分の気持ちは言葉にしましょう。

 

1回目のデートで大切なたった一つのこと―まとめ

f:id:ryukouaoi:20170725014223j:plain

 

「1回目のデートで、会ってすぐ歯の浮くようなセリフで、チャラい奴だと思われるんじゃないか」そう思った方も多いでしょう。

 

ですが、1回目のデートからハッキリと意思表示しないと「行為」のまま。

そのままでは、いつまで経っても恋愛関係に発展しません。

「行為」ではなく「好意」を示す。それには、女の子をホメること。 

これを意識して1回目のデートを成功させてくださいね^ ^

 

関連記事