ブログで稼ごうとしていた私がおかした失敗

私は、今でこそ当ブログに集中していますが、過去には他に様々なブログを書いていました。

目的は、お金を稼ぎたいから。

本業以外に副業でお金を稼ぐ方法や、会社に雇われない働き方を模索していました。そこで、もともと読書好きで文章を書くことが得意だった私は、ブログに目をつけました。

目次

手は出すが芽は出ず

2012年f2ブログ

2013年アメブロ、ライブドアブログ、F2ブログ、グーグルブロガー、はてなブログ

2016年はてなブログ・プロ←いまココ!

 

色々と手を替え品を替え、稼ぐためにはどうしたら良いか、それだけ考え書き続けていました。

ですが、全くといっていいほどブログからの収入はゼロ。その理由がわからず、もがき続けました。 


▶目次にもどる

私を稼がせるために見る訳ではない

「そもそも、ブログを見にきてくれる人たちは、私にお金を落としたいわけではない」

「私を稼がせたいわけではない」

こんな当たり前のことに、当時の私は気がついていませんでした。

 

「どうすれば儲かるのか」「何を書けばアフィリエイト収入を得られるのか」 

このように自分のことばかり考えていました。

 

得意なはずの文章を書くということも、すぐに手が止まり「俺って文章を書くことは得意だと思ってたけど、大したことないのかな」と自己嫌悪におちいったりしました。

当時の私のブログには、アフィリエイト紹介料の単価が高いものを貼り付け、文章もアフィリエイトの商品を紹介するものばかり。

 

ある日、客観的に自分のブログを見る機会がありました。普段はブログの管理画面からチェックしていたのですが、ふと検索順位が気になったこともあり、Googleで検索して見てみました。

 

そこで思ったことは

「こんな自分本位なブログ、誰も見る訳がない」

どうすればブログを見てくれるのか、どうすれば役に立った、といわれるものを書けるのか。この視点がありませんでした。


ただ私が稼ぎたいだけで書いた、アフィリエイト広告だらけの私のブログなど読んでくれるはずもありません。ようやくこのことに気がつきました。

そして、書いていたブログを次々と閉鎖させました。


▶目次にもどる

オレ流のブログ「あおりゅうスタイル 」

「これからは俺のためじゃない。見にきてくれる人のために書こう」

「俺の得意な文章で、人の役に立つブログにしよう」

「俺の書き方で、俺のスタイルで、人に見てもらえるブログを書こう」

そんな思いで「あおりゅうスタイル」を立ち上げました。

 

ブログで稼ごうと思う方はたくさんいると思います。上手くいっていない人がいるなら、もしかしたら、自分本位になっているのかもしれません。

「この記事は誰が読むのか」「これは誰の役に立つものなのか」

こういったことを自問していけば、道は開けるかもしれません。

私は自分への戒めとして今回の記事を書いています。「自分のためではなく人のために書く」この考えを忘れずに書いていこうと思います^^

 

▶目次にもどる