ブログに何を書けばいいかわからない人は、雑記ブログで書き続けろ!

「もう書くことがない」「ブログって何を書けばいいの?」

こんな風に考えている人いませんか。

僕のブログ歴は4年余りありますが、以前は僕も何を書けばいいかわからず、ブログの更新が途絶えたことが、ままあります。

この悩みの答えは単純でした。何でもいいから、とにかく書けばいいのです。

 

目次

とにかく何でも書きまくれ!

では、何を書けばいいのでしょうか。

 

この答えは簡単です。


書くことは、何でもいいんです。

 

タイプミスではないですよ(笑)

本当に何でもいいんです!(^^)!

 

えっ?何でもいいって言われるのが一番困るって?

 

確かに何でもいいというと、難しいように思うかもしれません。

 

もう少し言うと、自分に起きたことを何でも書くんです。

今日あったこと、過去にあったこと、そして今後やりたいこと、過去現在未来を軸に書けばいいのです。

日頃、趣味でサッカーをやっている人は、サッカーネタでもいいでしょうし、僕のように本を読むことが趣味なら、書評もいいでしょう。

 

いくら高尚な想いがあっても、人の心を動かすような名言を思いついても、文章にしなければ全く意味がありません。

きっと、ブロガーに限らず、何かを書くことが仕事の人すべてに言えるのではないでしょうか。

だからこそ、自分に起きたことは何でもいいので、過去現在未来で、とにかく書きまくってください。


▶目次にもどる

雑記ブログで書き続けろ!

ここまで読んで「よし!いっちょやってやるか!」と意気込んだあなた。ちょっと待ってください。

書こうとするまではいいですが、次の悩みは「続けられない」ということではないでしょうか。

 

続けるコツは、僕のブログスタイルを見てもらえばわかると思います。

僕のブログは、今回の内容のように、ブログに関すること、書評、モテる男のノウハウなど、何でも書きなぐっています。どれもこれも、書き続けるためです。

 

「こんなにメチャクチャに書いていいの?

 

そう思った方もいるかと思います。

少なくとも始めの頃は、これでいいと思っています。なぜなら、最初から決めてかかってしまうと、書きにくくなるのです。

 

例えば、ブログタイトルを「モテる男のノウハウ」としたとしましょう。

強みは、モテたい人にとって有益な情報があるとわかりやすく、検索されやすいことです。

一方で弱みはというと、あなたがモテること以外で思いついたネタが書けないことです。

 

モテる男のノウハウのブログに、昨日あった仕事のことや、面白かったテレビ番組のことは書けないのです。

もともと豊富にネタが思いついた状態で始めていればいいですが、そこまで下準備して臨むのはなかなか難しいです。準備だけで相当な時間がかかりますからね。

 

もちろんですが、ブログタイトルを絞った方が書きやすいなら、それでもいいでしょう。ここで言いたいことは、どちらが正しいということではなく、とにかく書いてほしいということです。

 

ちなみに、僕のブログのような書き方を雑記ブログといいます。反対に、ブログタイトルを書評などに絞って書くことを、専門ブログという言い方をします。 

もし、ブログタイトルを決めて書きにくいと感じているなら、雑記ブログのスタイルで何でも書いてほしいと思います。


▶目次にもどる

書くことが正義

まとめると「過去現在未来を軸に、何でもいいから書く」「ネタに困るようなら、雑記ブログスタイルで何でも書く」これでいいんです。

もう内容なんかメチャクチャでいいんです(#^^#)

 

僕の経験では「何書こうかな」と考え込んでしまい、1日、また1日と日が経ち、気がついたら1週間くらい何も書いていないことがありました。

ここまで期間が空くと「まっいいか」となりやすく、一度そう思うと継続が難しくなります。

 

最重要項目は、とにかく書くこと。

とりあえずスタートさせ、記事の修正などは随時やればいいのです。

どんなに速度の速い車でも新幹線でも、初速は遅いです。ただ一度スタートしてしまえば、スピードに乗って駆け抜けられます。

まずは自分のスピードを出すことを重要視しましょう^^

関連記事

ブログ カテゴリーの記事一覧 

【ブログ】50記事書いたけど全く稼げない僕は、ブログ弱者だ 

ブログ初心者に伝えたいこと ブログで稼ごうとしていた私がおかした失敗 

【ブログ初心者へ】無料ブログ歴4年の僕が、はてなブログ・プロをおすすめする理由 - あおりゅうスタイル

 

▶目次にもどる