あおりゅうスタイル

高校中退の元ニート野郎のつぶやき

左手で箸を持って15年。右利きの僕が、左利き生活を始めた理由と練習方法

僕は、もともと右利きですが、高校の頃に右手が腱鞘炎になり、右手で箸を持つのもツラくなりました。

そこで、仕方なく左手で箸を使う練習をしました。今から15年以上前のことです。

 

今では自在に左手で箸が使え、歯ブラシも左手です。まだ上手くはないですが、左手でペンの練習を始めました。

今回の話は、右利きから左利きにしたい人、両利きになりたい人のために、僕が試した利き手を変える練習方法をお伝えします。

目次

右利きの人が、左手を使うということ

f:id:ryukouaoi:20170213030326j:plain

 

僕の場合は、ケガが原因で左利き生活が始まりました。 

とにかくケガで困ったことは、右手で箸が持てないことです。持とうと思えば持てましたが、痛みがあるので避けたいのです。

仕方なく左手で箸を持つのですが、もちろん上手く使えません。

箸で持っても口に運ぶまえに、ポロポロこぼすこともしばしば。これがストレスでした。

食べたいのに食べられないのは、まぁイライラしますよ('ω')

当時、僕は高校生の食べ盛りでしたから、なおさらです。

 

もし、これを見ている皆さんが、僕のような状況で利き手を使えないなら、左利きの練習してもいいでしょう。ただ特別な理由がないなら、正直あまりオススメしません。

食事中に「食べたいけど上手く食べられない」というストレスは、やってみるとわかりますが、意外に高負荷です。

 

僕も、仮にケガがなければ、今でも右手で箸を持っていたでしょう。

右手はケガで使えない。だから頑張って左手で箸を持つ練習ができました。

 

「でも左利きってなんかカッコイイじゃん(*'ω'*)」

という方のために、ケガなどの状況でないなら、別の練習方法から始めるといいでしょう。

オススメは、この順番です。

1.歯ブラシを左手で持つ

2.日頃の生活で左手を使うように意識する

3.左手で箸を持つ練習を始める

さっそく見ていきましょう。

 

左手を使う意識をする 

左利き生活をスタートさせるなら、まずは歯ブラシを左手で使うことをお勧めします。

動きが単調だからです。こうして簡単なところから始めていくといいと思います。 

あとは意識することです。「左手を使うぞ」ということを。

普段の生活から徐々に、左利き生活にしていくのです。

例えば、「エレベーターの階数を押すとき左手」「ドアを開ける手を左手」という風に、簡単な行動から変えていきます。

こうして徐々に左手を使う意識を、体に覚えさせていきます。

 

意識するとわかりますが、日常生活では意外に左手を使っていません。

意識しないと、ほとんど全ての行動を、利き手である右手で行っていることに気が付くと思います。

だからこそ、ゆっくりと自分の生活に「左手を使う」という意識を浸透させましょう。

 

左手で箸を持つ練習方法 

f:id:ryukouaoi:20170213031023j:plain

 

ここでは、左手で箸を持つ練習について話していきます。

左手で箸を持ち始めてよくあることは、箸で口に運ぶときポロポロこぼす、箸を落とす、ということです。

僕の経験上その時は、箸の持ち方がおかしいのです。

 

このような影響が出たら、右手で箸の持ち方を確認してから、左手に持ち替えましょう。

利き手ではない左手で箸を持つようにすると、自分ではちゃんと持っているようでも、右手と比べてみると、持ち方が違うことがあるのです。

 

だからこそ、利き手である右手で箸を持つ→左手で箸を持つ

この順番で右手で箸の持ち方を確認してから、左手で持つといいでしょう。 

あとは、最初の一口は左手、その後は右手、という感じで、徐々に慣れていくといいでしょう。

 

もし、どうしても左手で箸を持つことが難しいなら、スプーンやフォークに持ち替えるといいかもしれません。というのも、箸ほど複雑な動きがなく、単調だからです。

白米をスプーンで食べるなんて外国人みたいですが、そのくらい利き手ではない左手で箸を使うことは、レベルが高いです。 

あと経験者の僕から言えることは「無理しないでください」ということ。

少しずつでも続けることで自然になりますから、イライラしない程度に続けていきましょう^^

 

3ヶ月ほど左手でペンを持っている

最近ですが、仕事で朝一番に、必ず左手でペンを持って字を書いています。

これまで左手で箸を持ち続けて15年ほど。すっかり左利きが板についてきたと過信していました。

「まぁ、箸を持つのも字書くのも同じだろ」と余裕しゃくしゃくで始めましたが、ぜんぜん勝手が違いました('Д')

 

始めは、なぜか手が震えて読めた字じゃなかったです。

ぜひ書いてみてほしいのですが、一本の線がまっすぐ引けないんですね。

 

ちなみに今書くとこんな感じ。

f:id:ryukouaoi:20170213030511j:plain

まぁ何とも言えない字(笑)

ちなみに『あおりゅうスタイル』はブログタイトル。

  

字そのものは上手くないですが、左手の感覚はつかみ始めています。

言葉で説明するのは難しいですが、練習していくと、壁を超える瞬間があります。

「あれっ昨日と違うな」「少し手の震えが無くなってきたな」という感覚です。

これが何度かおとずれて、今の状態です。 

とはいえ、一向に字は上手くならないので、いい加減ペン習字でも始めようかと思ってます( ^^) _U~~

 

左利き生活について

日頃は使っていない左手を使うと、最初は戸惑います。というかイライラします(´・ω・`)

僕の場合、左利き生活の始めが箸だったのでなおさらです。

箸を左手で持つことは、ハードルが高いと思っていた方がいいでしょう。

 

再度まとめると、左利き生活を始めるなら

1.歯ブラシを左手で持つ

2.日頃の生活で左手を使うように意識する

3.左手で箸を持つ練習を始める

この順番でやっていくといいと思います。

あとは、自分の精神状態を相談しつつ、ゆっくりと左利き生活を始めてみてくださいね^^

 

この記事のカテゴリ・エッセイ カテゴリーの記事一覧