あおりゅうスタイル

高校中退の元ニート野郎のつぶやき

即効これだけ!クリックされるブログタイトル付け方のコツ5つのルール

あなたのブログタイトルのつけ方は決まってますか?

ユーザーさんは「タイトル次第でクリックするか決める」といっても過言ではありません。

では、どのように決めればいいのでしょうか。

今回は、クリックされるブログタイトルの作り方のコツを話します。

 

今回の内容

・ブログタイトルを付けるとき、何に気を付ければいいか

・ユーザーのメリットは何か考えよう

・「誰かに見せること」は、「誰かに見せないこと」だと知ろう

 

目次

 

数字を入れる

f:id:ryukouaoi:20171014193945j:plain

 

数字を出すことで、わかりやすく説得力が出ます。

例えば『仕事の人間関係で悩まない10の方法』というタイトルなら「役に立ちそうだな」と思ってもらえます。

メリットが具体的に伝わり、思わずクリックしやすくなるんですね。

 

実際に、数字の力を全面に押し出して、ベストセラーになった本があります。『100円のコーラを1000円で売る方法』という本です。

マーケティングの本で、著者の永井孝尚さんは、この本で一躍有名になりました。

 

実はこの本、以前に出版されていましたが、売れずに1度絶版になっていたんです。

それで著者の永井さんが、別の編集部に持っていき、タイトルを変えて再度出版。

その結果、ベストセラーになった本なんです。

数字がいかに大事かわかるエピソードですね。

 

ブログやホームページでも同じです。

数字で具体的にメリットを提示すると、ユーザーさんもクリックしやすくなります。

 

簡単だと伝える

f:id:ryukouaoi:20171014193153j:plain

ブログタイトルは、簡単に出来ることをアピールしましょう。

手軽さが伝われば、クリックされやすいタイトルになります。

 

例えば「1日10時間、1か月みっちり勉強して学ぶ英会話」より「たったこれだけ!通勤時間で出来る10分英会話」の方が、簡単そうで手が出しやすいです。
わざわざ、つらい思いをしたいとは誰も思いませんからね。

 

他には「手軽」「即効」「あっという間」「たったこれだけ」といったワードが考えられます。

 

ユーザーにメリットを伝える

f:id:ryukouaoi:20171014193326p:plain

 

あなたはブログタイトルで、どんなメリットを伝えていますか。

ユーザーさんは、何か目的があって、あなたのブログに来るんです。

あなたが今この記事を読んでいるのも、「ブログのタイトルはどうしようか」「何かネタがあればいいな」といった目的ではありませんか。

 

そうです。あなたのブログに来てくれるユーザーさんも同じこと。

何か知りたい、解決したいと思っています。

ではメリットは、どのように考えるのでしょうか。

 

ユーザーをイメージしよう!

f:id:ryukouaoi:20170913061839j:plain

 

先ほどの例で『仕事の人間関係で悩まない10の方法』というタイトルを書きました。

これをクリックする人は、どんな人かイメージしてください。

 

「仕事の人間関係で上手くいっていない」「部下と険悪になっている」といった人間関係で悩んでいる人向けのタイトルですよね。

 

こうしてユーザーさんをイメージして書くことが大切です。

なぜなら、ユーザーさんをイメージできれば、その人へメリットを考えやすいからです。

 

「ユーザーさんは、どんなことに悩んでいるのか」イメージした上で「この記事で何を解決できるのか」考えましょう。

 

ターゲットを決める

f:id:ryukouaoi:20171014193548j:plain

 

これまでの話をまとめます。

「数字で語る」「簡単さをアピールする」「メリットを提示する」「ユーザーをイメージする」というワードがあがりましたね。

 

最後にブログ記事のターゲットを決めましょう。 

これから書こうとしている記事は、誰に向けて書きますか?誰のために書きますか?

 

僕のブログには、こんなタイトルの記事があります。

ブログ50記事書いてリライトしたら、アフィリエイトで稼げた話。初心者のブログの書き方とリライトのコツとは - あおりゅうスタイル

 

この記事のターゲットは「ブログアフィリエイト初心者」です。

これからブログアフィリエイトを始めよう、と思っている人のために書きました。

逆に言えば、ブログアフィリエイトで稼いでいる人は、見なくていいと思っています。

 

「見なくていい人を決める」ことは、ターゲットを決めるとき、すごく大事なことなんです。

 

あなたのブログは「誰に見せない」ブログですか?

f:id:ryukouaoi:20171014193734j:plain

 

記事のターゲットを決めたら「誰に見せないか」考えてみてください。

「見せる」ではなく「見せない」というのがコツです。

 

当たり前ですが、ブログを書くのは、人に見せるためです。

でも、みんながみんな、僕のブログを見たいわけではありません。

 

先ほど例に出した僕の記事。ブログアフィリエイト初心者がターゲットと話しましたね。

ブログ50記事書いてリライトしたら、アフィリエイトで稼げた話。初心者のブログの書き方とリライトのコツとは - あおりゅうスタイル

 

では誰に見せないかというと、すでに結果を出している玄人の人たちです。

この記事は、すでにブログで稼いでいる人には、響かないタイトルです。

 

なぜなら「初心者のブログの書き方」というワードが入っているためです。

こうすることで、ブログ初心者を呼び込むと同時に、ブログ玄人を排除しています。

 

選ぶことは捨てること

f:id:ryukouaoi:20171015080642j:plain

 

ターゲットを決めることは、どの層を捨てるか決めることでもあるんです。

何かを選ぶことは、何かを捨てることです。

 

「みんなに見てほしい」「少しでも多くの人にクリックしてほしい」という気持ちはわかります。

でもターゲットを広げてしまうと「誰にも読まれないブログ」になってしまいます。

まとまりがなくなり、言いたいことがボンヤリした記事になるんですね。

 

ターゲットを決めるとき、誰に見せないか同時に考えてください。

ブログタイトルも付けやすくなりますよ。

 

関連記事

 

クリックされるブログタイトル付け方のコツ5つのルール~まとめ

・数字を使う

・具体的にメリットを提示する

・簡単さをアピールする

・ターゲットをイメージする

・「誰に見せたいか」「誰に見せたくないか」同時に決める

   

ブログタイトルは大切です。

タイトル次第で、Googleの検索順位も変わりますからね。

今回の記事のコツを意識すれば、簡単にブログタイトルを決めることができます。

より魅力的なクリックされるタイトルを考えましょう!