あおりゅうスタイル

高校中退の元ニート野郎のつぶやき

初デートで会話が続かないとき、5秒だけ周りを見ればいい

僕は、口数が多い方ではないので、デートで何を話すのか、ということは長年の悩みでした。 

解決策は「5秒だけ周りを見て、感じたことを勝手に話すこと」です。どういうことか見ていきましょう。 

 

目次

 

初デートって何を話すの?

f:id:ryukouaoi:20170825075843j:plain

 

あなたは「初デートって何を話せばいいの?」と構えていませんか。

答えは「何でもいい」です。

適当に答えているわけではなく、真実なんですよ。

 

何も考えず、今を話題にするのです。

困ったときは、5秒だけ周りを見て、思ったことをそのまま話してください。

 

例えば、初デートの待ち合わせ場所の交差点に、彼女が来ました。

 

あなた「おはよう」

彼女「おはよう、待った?」

あなた「ううん、全然。行こっか」

彼女「うん」

 

あなた「今日は晴れてて気持ちいいね」

彼女「そうだね」

あなた「あっ信号、青じゃん。今日ついてもかも」

彼女「もう点滅してきたよ。早くいこう」

 

あなた「そういえば、今日の朝の星座占いで、俺8位だったさw」

彼女「うわっ、微妙w 全然ついてないじゃんw」

あなた「占い当たらないんだよw ○ちゃんは何座?」

彼女「私は、うお座。今日1位ださw」

あなた「マジで?!ついてるじゃん!」

 

こんなふうに、相手が食いつくまで話題を変えることです。

 

「挨拶→天気→信号→星座占い」と世話しなく話題が変わっています。

「話が脱線してるだけでしょ」と思われるかもしれませんが、それでいいんです。

どれをとっても、大した話題ではないですよね。

会話なんて、こんなもんです。

 

「初デートで使える会話集」は使えない

f:id:ryukouaoi:20170825080404j:plain

 

よくあるのは、話題に困ったら、この話をしよう、なんてハウツーみたいなものがありますが、オススメしません。

というのも、話題が単発だからです。

 

たとえば「○○ちゃんは、パスタ好きなの?」「その指輪かわいいね」といったことです。

これ自体は悪くないのですが「女の子が食いついてこなかったら、どうするのか」ということがスッポリ抜け落ちているのです。

 

あなた「○○ちゃんは、パスタ好きなの?」

彼女「いや、そうでもないかな」

あなた「…」

 

あなた「その指輪かわいいね」

彼女「そお、ありがとう」

あなた「…」

 

極端な例でしたが、女の子が振った話題に食いつかなかったとき、言葉に詰まってしまうのです。

こういうときこそ、5秒周りを見て、その場にあるもの、感じたことを話しましょう。

 

あなた「○○ちゃんは、パスタ好きなの?」

彼女「いや、そうでもないかな」

あなた「そうなんだ。このワインいけるよ」

彼女「うん、おいしいね。あまりワイン詳しくないけど」

 

あなた「オレもだよ。赤か白かくらいしかわからないw」

彼女「私もw あんまりうんちく語られてもわからないし。カクテルの方が好きかな」

あなた「そっか。甘い系がいいんだ」

彼女「そうそう!カシスオレンジとか、カルーアとかね。あとは…」

 

パスタ→ワイン→カクテルで、ようやく女の子が饒舌になりましたね。

こうして、女の子が食いつくまで話題を変えるのが、会話上手な人です。

 

関連記事

 

質問攻めは尋問です

f:id:ryukouaoi:20170825080729j:plain

 

今までの例をみて、気がつきましたか。

どの例も、あなたが勝手に話しているということを。

 

そうです。勝手に話していいんです。

女の子が食いつくまで、周りにあるもの、感じたこと、昨日会ったこと、何でもいいので、とにかく話してください。

ただし、注意してほしいことがあります。質問攻めになることです。

 

あなた「○○ちゃんは、パスタ好きなの?」

彼女「いや、そうでもないかな」

あなた「そうなんだ。ワイン好き?」

彼女「あんまり詳しくないんだよね」

あなた「そっか。カクテルは好き?」

 

この辺りでやめておきましょう。こういう会話になってしまうと、まるで尋問です。

彼女の好きなカクテルの話を振っても、おそらく饒舌に話してくれないでしょう。

 

相手が話し始めるのを待つために、勝手に話す

f:id:ryukouaoi:20170825083454j:plain

 

一番いい会話は、相手の好きなものを自然に引き出すことです。

 

最初の例では…

 

あなた「オレもだよ。赤か白かくらいしかわからないw」

彼女「私もw あんまりうんちく語られてもわからないし。カクテルの方が好きかな」

あなた「そっか。甘い系がいいんだ」

彼女「そうそう!カシスオレンジとか、カルーアとかね。あとは…」

 

「カクテル好き?」と聞いていないのに話してくれましたね。

これが理想形です。

ここまでくれば、あとはカンタンです。

 

彼女「そうそう!カシスオレンジとか、カルーアとかね。あとは、カンパリも好き」

あなた「結構いろいろ種類飲むんだね」

彼女「うん、一つに絞るより、色んなの飲みたいかな。飲み放題いかないと金欠だねw」

あなた「飲み放題じゃないと、お金かかるからね」

 

女の子が食いついてきたら、掘り下げるだけです。

イケそうな気がしてきましたか?

ですが、ここでもう一つ注意。

 

「勝手に話していいんです」といいましたが、本当に勝手に話し続けないことです。

女の子の話をさえぎったり、女の子が話しているのに、その話を聞かないのはいけません。

 

大切なのは「相手が話し始めるまで勝手に話す」ことです。

女の子が話してくれる会話の入り口として、勝手に話すことがあるのですね。

 

初デートの主役は、目の前の女の子

 

今回のまとめです。

 

1.会話に困ったら、5秒だけ周りを見て、今あることを話題にする

2.女の子が食いつくまで勝手に話す

3.質問攻めはしない

 

「初デートで何を話せばいいの?」という疑問は解消できましたか。

何を話したっていいんです。一番大切なことは、初デートの主役は彼女という視点ですからね。

(参考文献:『銀座No.1ホステスの女性心理カウンセラーが教える モテる男の即効フレーズ』)

 

関連記事