僕が高校中退して後悔した6つのこと

僕は、高校中退です。高校1年の終わりごろから不登校になりました。

その後、大検を受検して大学に入学しました。

そんな僕が、高校中退して後悔したことを書いていきます。

 

始めに言っておきたいことは、高校中退することはオススメできません。

その理由が、これから書いていく6つのことにあります。

高校中退しようか悩んでいる人の参考になればと思います。  

目次

表情がなくなる

f:id:ryukouaoi:20170205150031j:plain

 

僕は高校中退し、上手く笑えなくなりました。

「葵は表情がないから怖いよ」と職場の同僚にいわれたことがあります。

コミュニケーションでは、笑顔が大切です。

その辺りはコチラで書きました→コミュニケーション能力を向上させるコツは、たった一つだけって知っていますか? 

このたった1つのことが、笑顔です。

 

笑顔には「私は、あなたの敵ではありませんよ」という効果があるといわれています。 

確かに、仏頂面の人より、笑顔のステキな人が好まれます。

上手く笑えなくなった僕は、コミュニケーションでかなりのハンデを背負いましたね。

 

声が出なくなる

f:id:ryukouaoi:20170205144438j:plain

 

僕は、高校中退しニート期間が約2年ありました。

その間、人と会わない、話さないという状態だったので、言葉が出なくなり、うまく話せなくなるのです。

 

上手く話せなくなるという意味は2つあります。

単純に声が出ないという意味と、頭が回らず言葉が出ないという意味です。

 

声を出すことがなかったので、声帯が弱っているのか、声がかすれ小さく、か細い声しか出ないのです。

人間の能力は、使わないと衰えるのでしょう。

 

先に話した「表情がない」ということにもつながりますが、表情筋が硬いのか、口を開かず話そうとします。

それによって、声がこもってボソボソした聞き取りにくい声になりました。

意識するようになり、だいぶ改善しましたが、今でも後遺症のような名残はあります。

 

もう1つの頭が回らないというのは、話すことがないので、話の流れに上手く乗れなくなりました。

頭に浮かんでいても、言葉として表現できないのです。

結果として黙ってしまうので、周りからは「この人コミュニケーション障害なの?」みたいな反応をされました。 

 

これも日々の生活で当たり前のことですが、その当たり前をやらなくなった弊害と言えるでしょう。

 

体力がなくなる

ずっと家で過ごしていると、体力がなくなります。

一年近くニート生活で引きこもっていて、ある日、久々にバスに乗りました。すると、ものの15分ほどで酔ってしまい、バスを降りました。

普段、動くことが少ないので、ちょっとした行動がツラくなりました。 

 

履歴書に高校中退と書くべきか悩む

f:id:ryukouaoi:20170205143743j:plain

高校中退と履歴書に書くべきか悩みました。

もちろん、書くべきなのですが「卒業と書いた方がウケがいい」「こんなこと書くと、落とされるに決まってる」などと余計なことを考えてしまうのです。

詳しくはこちらで書きました。高校中退は、バイトや就職活動でマイナスなのか?履歴書は嘘を書くべきか? 

  

僕は、高校中退の経歴を何度も隠そうと思いました。ですが、隠したことは一度もありません。

それができたのは大学時代の恩師のおかげでした。

上記の記事の中で書いたのですが、いい言葉だと思ったので、引用したいと思います。

 

「なぁ葵。仮に高校中退が原因で落とされたとしても、文句は言うなよ。

お前がどういう事情で高校をやめたか知らないけど、どんな事情があったとしても、自分で選んだ道なんだからな。

もし、高校中退で落とされても、それは受け入れないといけないことなんだぞ。

それがお前なんだからな」

 

この言葉がなかったら、きっと僕は「中退」を「卒業」と書いていたでしょう。

今まで一度も高校中退を隠さなかった、という事実は、僕に自信を与えてくれました。 

高校中退していなかったら、こんな悩みなどなかったでしょう。

 

大学の同級生が年下

僕は高校中退し、大検を受検して大学に入学しました。

入学したときの年齢は、20歳。2浪した状態です。

 

大学に入学するとき不安だったのは「同級生は、年上の僕を受け入れてくれるか」ということでした。

詳しくはコチラに書きました→大学に20歳(二浪)で入学した高校中退ニートの僕。その結果…  

高校中退していなければ、こんな悩みはなかったといえます。

 

社会に出るのが遅れた

f:id:ryukouaoi:20170205144116j:plain

先ほど大学に入学したのは、20歳の時といいました。

そのつながりになりますが、結果として就職も2年遅れました。僕は24歳のとき、新社会人になりました。

僕は同級生と比べ、すべて経験が2年後ろ倒しになっています。

 

悔やんでも遅いのですが、当時は悩みました。

わかっていても「普通に学校に行っておけば、こんなことにならなかった」なんて考えてしまうのです。

 

これを書いている僕は30歳前半です。

この歳になって思うことは、誰しも「あの時やっておけばよかった」「もっと早くこうしておけばよかった」ということの繰り返しだなってことです。

このように思わなかった人に会ったことがありません。

誰もが何かしら後悔を抱えて生きています。

 

必ず人は、自分に必要なペースで動いていると思います。

「遅かった!」と思うのは、他人と比べているのです。比べるのは人ではなく、常に過去の自分と比べたいものです。

 

後悔に気が付いたなら、やってみればいいのです。やりたいと思ったときが、あなたにとって最適なタイミングなんです。

もしかしたら、他人より遅いかもしれません。

でも僕が思うのは「それがどうした。他人より遅い?だからなんだ」ということ。

 

結局、何をやっても人は悩みます。

人の悩みについて、こういう名言があります。

 

結婚したまえ、君は後悔するだろう。

結婚しないでいたまえ、君は後悔するだろう。

- キルケゴール -

  

結婚したら「妻が、夫が、子供が…」と悩みます。

では独身の方がいいのかというと、独身なら独身で「結婚しようかしまいか、独身のままでいいのか」などと悩みます。

 

そう、何をやっても人は悩むのです。

「悩みは尽きないけど、少しでも前向きに生きていこう」と考えるのが現実的なのかもしれませんね。

  

まとめ

まとめると、僕は主に6つのことで後悔しました。

1.表情がなくなる
2.声が出なくなる
3.体力がなくなる
4.履歴書に高校中退と書くべきか悩む
5.大学の同級生が年下
6.社会に出るのが遅れた

 

高校中退する理由は様々でしょうが、安易に中退を選択してほしくはありません。

もし、あなたが高校中退しようか悩んでいる段階なら、中退ではなく「別の高校に編入する」など、あくまで卒業する選択をしてほしいと思います。 

 

高校中退の現実 カテゴリーの記事一覧 

通信制高校に編入するなら知らないとヤバイ!通信制高校の雰囲気と、向いている人いない人