タップルで出会えてわかった!初デートで大切なたった一つのこと

タップルで女の子と会えたら、すぐ挨拶も早々にこう言いましょう。

「写メよりかわいいね」

 

もはやこれが挨拶みたいなものです。なぜいきなり、こんな風に切り出さないといけないのでしょうか。

その理由は女性心理と男性心理の違いにあります。

 

目次

いい人は、どうでもいい人!「行為」と「好意」の決定的な違い

f:id:ryukouaoi:20170725013646j:plain

 

僕には以前、こんなことがありました。気になっていた女性と二人っきりで食事・映画とデートを重ねていました。

僕としては「ここまでしてるんだし、好意は伝わっているだろう」と思っていました。そもそも、2人で会うことをオッケーしている時点で、脈ありでしょ?くらいに思っていました。

 

そして、3度目のデートで告白しました。

結果は残念…。

あとあと彼女に聞いたら「告白に驚いた。私のことをそんな風に思っていると思わなかった。友達として仲良くしてくれてると思った」というのです。

 

ここで何がわかるのでしょうか。

僕が彼女にとって、どうでもいい人だったって?

イヤイヤ…そうじゃなくて…。イヤ、実際そうだったんだけどさ…ブツブツ…。

 

女性はハッキリと意思を示してもらえないと、行動できない生き物ということです。

どういうことかというと、男性目線でいえば、食事をご馳走したり映画に行ったりするだけで、好意を示していると思いがちですが、女性はそうは思わないということです。

  

要は、食事に行くくらい友達の範囲で、仮におごったとしても「まぁ男性相手だし、そういうものでしょ」などと都合よく解釈されます。

さらに「告白に驚いた」ということは、私の好意が相手にまったく伝わっていなかったことを意味しています。

 

この辺が難しい部分ですが、女性としては「好きだから食事に行く」「女性として興味があって会いたいんだよ」ということをハッキリ言葉で言わないと、男性の食事に誘うなどの「行為」を「好意」として受け止められないんです。

 

もちろん、女性側があなたのことを好きな場合、こうは思わないでしょう。

ですが、タップルで出会って1回目のデートですから、好意はないといえます。

だからこそ「行為」ではなく「好意」を伝えることが非常に重要です。

 

ホメてホメてホメまくれ!

f:id:ryukouaoi:20170725013842j:plain

 

好意の重要性は、タップルだけに限りません。例えば職場のかわいい同僚を誘う時も同じです。

先の僕の例のように、男としては、女性が誘いに乗った段階で「おっ、脈ありかな」などと思いがちですが、そうではないんです。

女性にして見れば、男性からの誘いは、まだ「行為」の段階です。だからこそ「女性として興味」を伝えることが大切です。

 

男性の僕たちにしてみれば、何となくわかるような、わからんような部分ですよね(笑)

ですが、ここまで来れば後は簡単です。私たちの行為を、単なる行為のままに終わらせないための解決方法は「ホメること」です。

 

「写メよりかわいいね」「今日は来てくれないかと思ったよ。だってかわいいから相手に困らないでしょ」

こういうことを言います。最初の段階で、女性として興味があって会ったんだ、ということを示すんですね。

 

チャラいとホメるは違う

f:id:ryukouaoi:20170725014223j:plain

 

「1回目のデートで、会ってすぐ歯の浮くようなセリフで、チャラい奴だと思われるんじゃないか」そう思った方も多いでしょう。

サラッというだけなので、深い意味はないくらいの気持ちで言いましょう。

むしろ1回目のデートであまりにマジメに伝える方が、女の子にとって負担です。重いと思われるんですね。

 

どうしても言いにくいなら、「かわいいね」そう言ったあとに「今日はいい天気だね」などといって別の話に変えてもいいです。

 

繰り返しになりますが「行為」のままでは、いつまで経っても恋愛関係に発展しません。

「行為」ではなく「好意」を示す、それにはホメること。

これを意識して初デートを成功させてくださいね^ ^

 

アプリを無料ダウンロード→タップル誕生(R18) 

タップル関連記事